FC2ブログ

乙女、進撃せよ撃墜せよ爆破せよ

社労士試験のために一旦趣味のゲームを封印!勉強、日常、仕事、なんでもアリの混ぜご飯ブログです。

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大ニャン次世界大戦 ~十三支演義フルコンプ~  

酒を大量摂取する季節ですね。hinakoは基本的にお酒は飲みませんので、飲み会ではもっぱら送迎担当。過去に死にたくなるほどの酒の失敗をやらかして以来お酒は危険だ!の認識しかないので外では飲まないわけであります。
そんなわけで死にたくなるような失態をさらさなくて済む家飲みするのは好きです。
今年の年の瀬はモヒートを飲みながら年を越す予定なので、先日ライムを楽天で大量注文しました。ライムゲットだぜ。
最近ウォーキングコースにペパーミントが大量に自生しているのを発見したので、ミントはそこから調達します。無料でゲットだぜ。
犬の散歩コースから外れているので大丈夫だと信じている。
年の瀬にお腹を壊したらシャレにならんけれど。

さて、遂に十三支演義2を先ほどフルコンプ致しました。忘れないうちに感想をあげたいと思っています。


大ニャン次世界大戦開幕にゃ!

♡hinako的総評 (D~Sの5段階)
A
シナリオ A
キャラ  A
システム A

♡攻略順
諸葛亮▶︎劉備▶︎趙雲▶︎張遼▶︎夏侯惇▶︎張飛▶︎曹操▶︎周瑜

♡好きなキャラ
張遼、夏侯惇、曹操、賈詡

♡独断と偏見に満ちた感想
総勢8人+控え4人の大所帯。それぞれのルートが独立しているので、個別ルートを進めるにつれ異なる展開なので最後まで飽きずにプレイできました。あっちでは味方だったのにこっちではお前悪い奴じゃん!という展開がたまりません。
前の記事でも書きましたが、攻略キャラが多ければ多いほどストーリーが雑になるんじゃないか、という不安は杞憂。
エンドも満足できるものでした。特にバッドエンドはキャラによってだいぶ差がありますが、乱世の時代よろしくバッド=永遠の別れなので、後味悪いところがとても良かったです。未来に希望なんて一片もないラストは苦しくて辛くて本当に最高でした。その分ハッピーエンドの幸せが輝くのでね~

それぞれのキャラの理想と信念があるので、腑に落ちない展開も(特に張飛)ままあるんですが、その中でも力強く生きていく猫族と関羽の姿は色々な意味で心にグッときました。張飛のルートで『敵を許そうとする張飛はとっても強い人なんだ』みたいなセリフは特に心に染みましたね。確かに迫害されたからと言って
人間どもめ!いてこましたる!
となるのな簡単だけど、猫族みたいに人間を理解して助けようとする方が数倍難しいですもんね…
悔しいけど、偽善偽善と騒いでいたhinakoは小さな人間だったようです。ギギギ悔しい。

登場人物が魅力的。
主要キャラクターはもちろんのこと、サブキャラ達も遜色無しです。
本編でも攻略できる機会が欲しかったと思えるサブキャラがいる事が、hinako的良作の基準なんですが、当然いましたよ。前作からすべての乙女が望んでいた夏侯淵はもちろん賈詡様とラブラブできる日が来ることをhinakoは夢見ています。
しかし桃園システムは誰が考えたんでしょう。萌え半端無い。こんなシステムあったらもっとキャラ達に恋しちゃうじゃないですか…一体hinakoをどうしたいのかオトメイト!
(オトメイト)<もっと商品買えよ  エ?> (*´∇`* )

初代をやり始めた頃には、横山三国志が全巻揃っていた我が家で猫耳関羽のゲームをプレイするなんて中国四千年の歴史への冒涜かよ!と、思っていましたが、この作品をプレイして本当に良かった。
あまり文才がないので、十三支演義の良さをもっと的確に伝えたい!ともどかしい気持ちが強いですが、練度の高いシナリオ、キャラ萌えを兼ね備えた優秀な乙女ゲームだと思います。未プレイの方は是非十三支演義1からのプレイがおすすめ♡

システム面でも。1週目はフルでプレイが必要ですが、2周目からは即個別ルートにイケルので非常にありがたかったです。共通ルートはとにかく猫族が虐げられているので、やってて辛い&イライラが半端無かったですから。
プレイヤーに優しい作りになっており、制作者の愛が伺えます。

♡(残っていた)各キャラ感想
夏侯惇
夏侯惇2
新野の戦いで大敗を喫するところからスタートするので総計8回の謝罪を見せられる。あぁ不憫www
恋愛面では作中最も障害があるカップルだと思われるので彼とのキススチルは感慨もひとしお。萌えすぎてハゲる。

張飛
張飛2
輝かしいバッドエンド。確か前作でもそうだった。前向きなのは良いけど、4人で万単位の敵に攻撃するなんて愚の骨頂。おとぎ話レベルで丸く収まったグッドエンドは甘すぎてちょっと現実感に欠ける気がしてしまった。
賈詡ルートが張飛で開くとは思ってもいなかった。賈詡様美味しいです。関羽が「賈詡さん」と呼ぶたびに「なんだい助さん」を条件反射で唱えてしまっていたのは致し方ない事だと思っている。

曹操
曹操2
右手に愛を、左手には狂気を。(短いですが本作最萌)

周瑜
周瑜2
曹操の前にやれば良かった。曹操の狂気に侵食されすぎてちょっと霞んでしまった。曹操を連れて逝かないでぇぇえええ!


♡次回プレイ予定
これにて十三支演義2は終了です。次は多分大正アリスep3をやると思います。

長らく読んでいただきありがとうございました!



にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 十三支演義2

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://7thheaven878.blog.fc2.com/tb.php/129-ccff1c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

hinako`sプロフィール

♡♥これが大好き♥♡

thanks so match

リラのストーカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。